発酵食

初心者でも大丈夫!発酵調味料「醤(ひしお)の作り方&活用法

2020年4月22日

カモきよ
こんにちわ!発酵マニアのカモシーきよえです。 自宅で発酵料理レッスンや Instagramで毎日発酵料理を投稿しています
発酵調味料を作ってみたいけど 初心者でも簡単にできるの何ですか?
カモきよ
それならだんぜん醤(ひしお)がおすすめです!
醤(ひしお)って???
カモきよ
醤(ひしお)はしょうゆ、味噌の原型ともいわれている 日本古来からの発酵調味料です
どんな味なんだろう…
カモきよ
ひとことでいうと… 濃厚な甘じょっぱい味ですかね

発酵調味料というと塩麹はブームになったので知っていると思いますが

いま発酵マニア界隈で注目のまとは醤(ひしお)!

一度食べたらハマる人続出のおいしさです。

万能調味料の醤(ひしお)の作り方

✅醤の材料&作り方・ひしおの糀 1袋(550g)※麦麹と豆麹を半量ずつ用意してもOK
・しょうゆ 600ml
・水 300ml
・昆布 10g ※適当な大きさに切る
保存容器にすべてを入れて、よく混ぜ合わせる。
常温において1日1回、1週間かき混ぜる。
さらに1週間おいたらできあがり!

名刀味噌本舗「ひしおの糀」はAmazonや楽天などで買えます!

✅失敗しないコツ
・保存容器は熱湯またはアルコール消毒をする
・作る前日から納豆は食べない。納豆菌が強いのでできあがりに差が出る可能性大
・気温の低い冬など、発酵がすすまない時は陽の当たる場所や温かい場所へ置く
保存方法&消費期限
・冷蔵庫。常温に出しておくと発酵が進む
・約6か月。ときどき混ぜる

 

材料がそろえばあとは混ぜ合わせるだけ。

さっそく作ってみましょう!

醤(ひしお)を作ったらすぐに食べられるレシピ3つ

作ったはいいけど賞味期限内に使い切れるか心配
カモきよ
すぐに活用できるレシピを紹介しますね!きゅうりにつけるのも◎

✅【ひしお納豆】

●材料&作り方
納豆1パックに醤(ひしお)小さじ1〜2を入れて混ぜ合わせる。

カモきよ
まずは醤(ひしお)のおいしさをシンプルに味わってください。 付属のタレはなしで大丈夫です

この時はキムチ、かつおぶし、ザワークラウト 、ねぎをトッピングしました!

✅【具だくさん冷奴】

●材料
・絹豆腐 1丁
・万能ねぎの小口切り 好みの量
・キムチ 好みの量
・焼きのり 好みの量
・醤(ひしお) 大さじ1
・ごま油 少々

●作り方
①豆腐は水をしっかりときり、器に入れる
②ねぎ、キムチ、焼きのり、醤(ひしお)をのせて、最後にごま油をたらす。

カモきよ
見た目は少し悪いけど、ガーッと全部混ぜて食べるのがおすすめ! 醤(ひしお)以外は適当に好きな物をトッピングしてもいいです

✅【醤(ひしお)漬け味玉】

写真はゆで卵4個です!

●材料&作り方
ポリ袋や密閉袋にゆで卵5個、ひしお、煮切ったみりん各大さじ2を入れる。
ひと晩冷蔵庫で保存。

カモきよ
煮切りみりんはレンチンでできますよ! 大きめの耐熱容器に入れて、 ラップをしないで50〜60秒(600w)レンチンでOK

まとめ:初心者におすすめ!醤(ひしお)の作り方&活用法

混ぜるだけなのでむずかしいことはありません!

しょうゆの代わりに使ってみるのがおすすめです。

もともと発酵食品は大好きでしたが

醤(ひしお)広めたい!と思ったのが私の独立のきっかけです。

ぜひ、作ってみてそのおいしさを体験してください。

 

-発酵食

Copyright© カモシーきよえblog , 2021 All Rights Reserved.