https://kamoshi365.com

雑記

音声配信プラットフォーム『Himalaya』をスタートしてみた感想

こんにちは。

コードレスイヤホンの普及もあり
“耳で聴く”ながら時間を過ごす方が多くなってきました。

YouTubeなどの動画の次は音声だ!
とビジネス系YouTuber・イケハヤさんもおしゃっていますね。

そんなイケハヤさんもおすすめしていた
音声プラットフォーム『Himalaya』を私もはじめてみました。

毎日更新を目標にきのう(2020年7月11日)で5日間連続投稿。
まだはじめたばかりですが「おっ!これはいい!」
と感じたことがあったのでシェアします。

ブログを先に書くと音声配信がラクになる!

Himalayaもブログも毎日更新を目指しているので
ここ数日はいつも「何を話そうかな?書こうかな?」と
ずっと考えています。

結論からいうと
音声とブログネタは同じにするとラク!

そんなの当たり前じゃん!
という方もいると思いますけど。

ただ私はちょっと気づくのが遅くて
3回目で「そうか!」ということに。

それにプラスして作業効率を上げるには
ブログを先に書く。です。

これ、あくまでも私の場合ですが
話すことに慣れていないので
10分間の中で自分の意見をまとめるのはむずかしい。

同じネタでブログを書くと思考の整理になり
さらに台本の役割をしてくれます。

なので、音声録音のときもブログを見ながら進めると
話が脱線することなく、まとまりよく進めることができます。

これから音声配信する人や話がうまくまとまらない人は
ブログを書いてから音声録音しみてはどうですか?

『Himalaya』ってこんなプラットフォームです!

音声プラットフォームは国内外に増えていますが
『Himalaya』は中国の企業が運営をしていて
中国国内でアプリのダウンロードが6億!!!
そしてパーソナリティーは700万人以上!!!

すでに年間約1600万円稼ぐパーソナリティーもいて
動画の次のメディアとして注目を集めています。

日本での展開はまだまだこれからですが
日本国内でもダウンロード数30万以上
チャンネル数2万件以上
エピソード数5万以上

と音声メディアとしてのシェアを広げています。

イケハヤさんもYouTube動画で音声配信のことをお話ししていましたが
日本でYouTubeのように収益化するには
もう少し時間がかかるのでは?ということでした。

近い未来、収益化するための種まきって感じですかね!

まとめ

始めて数日間の超初心者ですが
話すのって思ったより楽しいです!

大声でひとり言をいっている感じですね。
誰も聞いてないですから…(^^;)

話す技術がないので「あの〜その〜」なんてことも多いのですが
目の前の友人に「ちょっと聞いてよ〜」というイメージで
話すようにしています。

そうすると気もラクでリラックスして話すことができます。
おしゃべりレベルのものを公共の場にたれ流すのも
どうかとは思いますけど。

なにか参考になれば幸いです。

<<<カモシーきよえ

 

 

-雑記

Copyright© カモシーきよえblog , 2021 All Rights Reserved.