Photo by Kate Stone Matheson on Unsplash

雑記

「寝る」ってコスパ良すぎる!ダイエット効果も!【心身ともに健康】

こんにちは。

みなさん毎日何時間くらい寝ていますか?
日本人は他国に比べると睡眠時間が短いって聞きますよね。

経済協力開発機構(OECD)の睡眠時間の調査(Gender Data Portal 2019)結果は以下のとおり。
アメリカ528分
イギリス508分
フランス513分
スペイン516分
中国542分
日本442分(短いっ!)

今回はそんな「睡眠」をしっかりとるといいことたくさんあるよ!
ってことをシェアします。

8時間睡眠で心も体もパフォーマンスアップ↑

これまで6時間がベストの睡眠時間と思っていたのですが
8時間とるようにしたら
翌日のパフォーマンスがすごくいい!

まず思考がクリアでサクサクと作業が進みます。
何かを選択する時に、いつまでも考えたり悩んだりせずに
即決できる感覚です。

体もだるさや疲労感なく全身に血液がまわって
まさにエネルギーチャージできたぞ!という状態。

というわけで、心身ともにスッキリ感があり
気持ちのいい朝をむかえて1日がスタートできています。

ストレスなく1日がスタートできる。というのは最大のメリット。
この積み重ねが未来につながり、しいては人生になります。
やや大げさですけど。

<睡眠不足のリスク>
✅ストレス増加
✅集中力低下
✅記憶力低下
✅免疫力低下
✅認知機能の低下

増えるのはストレスだけで
あとは下がる一方でいいことないですね。

中年女性に朗報!睡眠はダイエット効果も期待できる

私のような40代後半の体は
ただでさえ基礎代謝が下がり、太りやすく痩せにくいという状態。

睡眠不足だとさらに太りやすくなるというから
本当に嫌になってしまいます。

<睡眠不足で太りやすくなる理由>
✅新陳代謝が下がる
✅食欲増進ホルモンが出る
✅セロトニン不足で甘いものが食べたくなる

出張で早朝に起きて出かける。なんてとき
新幹線に乗る前に必ず甘い菓子パンとカフェオレを買っていました。

早朝でがんばる自分へのごほうびだ!
というつもりでしたが、
寝不足でボヤッとしている頭と体を起こすために
たっぷりの糖分を送っていたのかもしれないですね。

また飲み会などで遅い帰宅した翌朝も
前夜にあんなに飲み食いしたはずなのになぜか食欲モリモリ!
朝もしっかりたっぷり食べる。なんてことも。

食欲をおさえるのはかなりのガマンが必要ですし
大きなストレスになり、ドカ食いにつながる可能性も大。

しっかりと寝るだけでそれが回避できるなら
やらない手はないですよね。

まとめ

インフルエンサーとして有名なイケハヤさんや
ホリエモンこと堀江貴文さんなども

「睡眠大事!8時間寝ろ!」(←こんな強い口調ではないですけど)

と睡眠の大切さを言っています。

「寝る」ことはとても簡単でしかもお金もかからない!無料!
ストレスフリー、仕事がはかどる、肥満予防…といいことづくめ。

これが8時間寝るだけで手に入るなんて
寝る以上にコスパのいいことって他にない!

ご参考になれば幸いです!

<<<カモシーきよえ

 

 

-雑記

Copyright© カモシーきよえblog , 2021 All Rights Reserved.